会食 宴会

大広間での会食・宴会

テーブル席でのご宴会、50名様~最大80名様収容可能

4000円(消費税別)~飲み物予算別でご用意いたします。

 

-無料送迎バス 随時運行いたします。(28名乗)

ご予算は 個別 ご相談いたします。

お気軽に電話にてお問い合わせください。

 

0225-90-2341

送迎バス 28人乗り でお出迎え⇒ ≪無料送迎≫
途中立ち寄り
(マンガ館・サンファン館・女川原発PR館等 )
⇒ 瑞幸にて会食
⇒帰宅途中買い物 女川 高政蒲鉾
    立町 元気市場 地元産物販売 等々
お迎え場所へのお見送り

 

歓迎会送別会・同級会・同期会

各種会合 総会・役員会
忘年会・新年会
地域の契約

各種 講
(観音講・金毘羅講他)
婦人会
納税組合
区長会

福祉施設の移動昼食会
各種会合の移動会合 等々

団体昼食をご予定されている、幹事さん・旅行業者様へ
瑞幸の大広間は50名様(椅子 テーブル)で
 全館貸切で90名様(椅子 テーブル)で

     可能です
 大広間 座布団 お膳形式では80名様収容

     可能です

ご予算に応じた価格・内容での昼食・夕食 

            御用意いたします
様々な サービス・献立 等をご用意して

おります   詳細はメール・電話にて

 お問い合わせください


日本の商業捕鯨が禁止された1987年当時、伝統的捕鯨文化の継承を考え
また、日本の伝統的食文化である くじら の食文化を継承するため
調査捕鯨という形での捕鯨が継続されました。
そのような中、共同船舶(株)が誕生し調査捕鯨を担っていくことになりました
1982年、国際捕鯨委員会(IWC)は科学的根拠もなく、資源の豊富なミンククジラを含めて、すべての鯨の商業捕鯨を禁止するモラトリアム(一時停止)を採択しました。しかしミンククジラなどの多くの鯨種は資源状況が健全であり、このモラトリアムは不当であることを科学的に実証するため、当社は、日本政府の許可のもと、(財)日本鯨類研究所と協力して、1987年から南極海で、また1994年からは北西太平洋で、鯨類捕獲調査ならびに鯨類目視調査を実施しています。

調査母船 日新丸

目視調査船 勇新丸